手術後に突っ張るのはなぜなのか?

包茎手術のリスクはゼロではなく、これはどんな手術にも言えることです。リスクを隠して契約させるクリニックはありますが、すべて打ち明けてくれるところのほうが信頼できます。リスクに関しては医師の技術力が大きく影響してくるので、未熟な医師が執刀するところは注意してください。例えば包皮を切りすぎてしまった場合、勃起時に突っ張るケースが見受けられます。包皮が余っているから包茎になるわけですが、切りすぎるのも問題があります。

陰茎は勃起時と非勃起時でまったく大きさが異なりますので、これも計算に入れて包茎手術をする必要があるのです。勃起すればちょうどよく亀頭が露出する人でも、平常時は皮が余っているというケースはあります。中には勃起しても平常時と陰茎サイズがあまり変わらない人もいるのです。こうした状況も考慮したうえで手術を受ける必要があるので、執刀経験の少ない医師にまかせるのは得策ではありません。

突っ張ることによるデメリットとは?

包茎手術の失敗で突っ張りを感じるようになると、自慰や性行為のときに困ります。違和感が気になって行為に集中できなくなるケースがあり、人によっては思うように立たなくなると話しています。男性の下半身は非常に繊細であり、メンタルの影響を強く受けるのです。ちょっと気になることがあるだけで、半立ちになったり中折れしたりするケースはあります。こうした問題は実績あるクリニックで包茎手術を受ければ限りなく発生率を低くできます。

包茎手術は初回より再手術のほうが難易度が高くなるのです。もし手術に失敗して突っ張るようであれば、包皮の延長手術を受けることを考えてください。絶対に成功するわけではありませんが、かなりの高確率で違和感のない状態に変えられます。手術後に違和感を覚える場合、放置しておいても改善しないことが多いです。数年経過しても改善しないケースが目立つため、頃合を見て包皮の延長手術を受けてください。

まとめ

包茎手術で失敗したときに発生する症状に突っ張りがあります。包皮が不足すると自慰や性行為のときに突っ張るので、行為に集中できなくなるのです。こうしたリスクは信頼できるクリニックで包茎手術を受ければ避けられますが、手術後に発生した場合は包皮を延長する手術が必要になってきます。手術後に発生する違和感は放置しても改善しないことが多いので、修正手術で改善してください。違和感を取り除くことが快適な自慰や性行為を楽しむための基本です。