包茎手術を受けたいと考える理由とは

包茎は日本人では男性の多くがなっているという統計があり、異性との性交は特に問題なく行えますが、相手が嫌悪感を覚えることと男性にとって包茎であることは屈辱に該当してしまうため、包茎手術をする男性は少なくないでしょう。これは包茎手術を受けることで自分に自信を持つことができ、異性に対しても委縮することがなくなるからです。この手術は関連する医療機関の施術によって行われていて、患者が多い都心では専門の医療機関も多く存在しています。この包茎手術は短時間で終了することができ、それから数日間経過すれば性交渉も可能になります。また、プライベートが守られて男性にとっても負担になりにくいという理由から、手術を行うことに対するハードルは高くないと言えます。その手術内用は亀頭に覆い被さっている皮を切除して縫合するというシンプルなものですが、陰部は空気に触れにくく湿気や雑菌も多く繁殖しやすいため、手術が不完全であると患部が炎症などを起こし、痛みを伴う場合もあります。

包茎手術が失敗すると患部に痛みが生じる理由

包茎手術は亀頭に被っている皮膚を切除してその患部を接合するものであり、この縫合がうまくできていなければ細菌などが簡単に体内に侵入してしまいます。この細菌の種類により患部に炎症を起こしたり、神経を刺激して痛みに発展することが少なくありません。これは陰部は排尿を行うので衛生管理が難しいというのが大きな理由です。他にも男性の陰部は勃起という現象があり、この生理活動が陰茎そのものの大きさが変化してしまいます。そのために接合した部分が勃起することで引っ張られて痛みを伴うこともあり、医療機関が行う施術内容で勃起する状態についても考慮しないで手術を行うと失敗するケースが高くなります。また現在は手術の主流がレーザーメスを使ったものになり、患部が早く元に戻り傷口も小さいというメリットがありますが、関係ない部分にレーザーが照射されると他の関係ない部分が傷付いてしまうでしょう。この包茎手術については各医療機関によってその技術力に差があるので、信頼できるところで受けることが大切です。

まとめ

包茎になっている男性を異性が嫌うのは衛生面で不快に感じるからであり、性交の目的である子供を産むためには包茎であってもなくても関係ありません。しかし、亀頭に皮が常に被っていると細菌が繁殖しやすいのは確かであり、その理由から性病の元凶にもなっています。この状態を改善するには外科的手術が最適なのは間違いないのですが、施術の行う医療機関や関係者によってその方法に違いがあり失敗する場合もあるので、包茎手術を受ける前には事前に医療機関などの情報を入手するようにしてください。